趣味ろぐ。旬はRC(笑


by kentyan2006

CVAウサ足

またまた昼休み作業なのですが、どうも上手く組めません…
e0095920_18133033.jpg
1本目は、色々スペーサー量やら検討してみて、納得の行く出来だったのですが、
その基準を残り3本にフィードバックしても、単なるパッツンになっちゃいます…

心の師匠の作例ではHGダンパーを使用してますが、
他のダンパーに適応させる場合の肝は、「全長」と「引き込まれ量」と理解してます。

厳密に言うと、パッツンOリングを押えるパーツ(ダンパーTOP)の裏面ザグリ量が、(HG・TRF)⇔(CVA)では違うんで、
2ステージ目のバネレートがCVAの方が高くなっちゃうのですが…。


で、良い塩梅の引き込まれ量を実現する為に、
HGダンパー⇔TRFダンパー⇔CVAダンパーの寸法の違いを考慮しつつ、
冶具(ネコ足職人)のスペーサー量や、引組みガイド(作例ではターンバックルレンチ)のスペーサー量を検討してみました。

1本目で理論値通り「上手く行った!」と喜んでたら、
残り3本がじぇんじぇんダメ…(´A`)

何でなん??


中古ダイアフラム使ってるしかな?
ダイアフラム周りの寸法関係って、結構シビアに効いてるようだし… 新品にしてトライしてみるか?

つか、CVAのシリンダー自体の精度が出てないから、そもそも揃えるのが無理なんかも…??(笑
素直にHGダンパー買うかな…(ノД`)シクシク
[PR]
by kentyan2006 | 2008-04-24 18:26 | RC M03